yuyunko's blog

ぼうびろく

NeoBundleでvimproc自動ビルド

githubのNeoBundleのtest/vimrcにこんな記述があった。

NeoBundle 'Shougo/vimproc', {
      \ 'build' : {
      \     'windows' : 'echo "Sorry, cannot update vimproc binary file in Windows."',
      \     'cygwin' : 'make -f make_cygwin.mak',
      \     'mac' : 'make -f make_mac.mak',
      \     'unix' : 'make -f make_unix.mak',
      \    },
      \ }

vimprocを自動でビルド出来るっぽい。
すごすぎるNeoBundle

robocopyでrsyncもどき

Windowsには高機能なrsyncてきコマンドはないと思ってた.

robocopy ・・・ あるじゃないっ!!

Windows XPではまだないらしいけど.


んで,robocopy

$ rsync -av8 --progress SRC DEST

robocopyでは

> robocopy SRC DEST /e /dcopy:t

とかく.

Mac samba マウント

#!/bin/sh

# ディレクトリがない場合は作成
if [ ! -d "/Volumes/mountA" ]; then
    mkdir -p /Volumes/mountA
else
    echo "もうmountAはあるよ"
fi
if [ ! -d "/Volumes/mountB" ]; then
    mkdir -p /Volumes/mountB
else
    echo "もうmountBはあるよ"
fi

# マウント
if [ $(mount | grep -c mountA) = 0 ]; then
    mount_smbfs //GUEST:@Server/mountA /Volumes/mountA
else
    echo "もうmountAはマウントされてるよ"
fi
if [ $(mount | grep -c mountB) = 0 ]; then
    mount_smbfs //GUEST:@Server/mountB /Volumes/mountB
else
    echo "もうmountBはマウントされてるよ"
fi

ネオ!!バンドル!!!

新しくneobundleというのが作られてたのでvundleから乗り換えた。

vimprocと連携してるらしいので、今度入れよう。

(macではvimprocバグ多くて昔やめたんだけど再度挑戦)

account_switcher.js でGoogle

google+の影響なのかvimperatorのaccount_switcher.jsで
Googleでアカウント切り替え出来なくなってた.


ほんとにこれでいいのか不明だが,一応account_switcher.jsの
この部分を直したら動いた.

    var _services = {
        google: {
    -       host   : 'https://www.google.com',
    +       host   : 'https://accounts.google.com',
            login  : '/accounts/LoginAuth',
            id     : 'Email',
            pw     : 'Passwd',
            ex     : ['GALX'],
            logout : 'http://mail.google.com/mail/?logout',
        },

pre要素ではみコにならない!!

はてなダイアリーでpre要素内のコードが横幅に収まらない
時にはみ出ることがある.通称はみコらしい(ほんと?)

これを解決するには設定のスタイルシートのpre要素に以下を追加
する.

pre {
    white-space: pre-wrap;
    word-wrap: break-word;
}

overflow: autoでもいいのかもだけど,スクロールはめんどいだろうという
ことで.





参考
はてなダイアリーとかpre要素内でコードがはみ出ている人は - 三等兵